わめくねごともじ

美容師辞めたいから辞めたへ。転職活動いかに。過去を棚卸し、空をアウトプットして私を絞り切るブログ。何か見えてくるかな?

私がブログを書く理由は文字を捨てていくこと

【ブログ作成日】2017-07-29
【投稿数】40

f:id:anzuchans:20180118163612j:plain

ここまできてちょっとまとめてみようと思います。
 
 
はてなブログを始めたきっかけは?】
知識や新しい自分をインプットするためには、書いて吐いて喚いてアウトプットしまくらないとはじまらない。そう思い、はてなブログをはじめました。空なら空っぽなりに喚いていけばいいさと。

 子育てをしながら美容師と(ボランティア)カット講師をしていました。
素人さんがおうちで簡単にできるカットを教えていたのですが、退職を機に来月でカット講師も辞めます。
出産から復帰しての美容師4年目に差し掛かろうとしていた頃、職場の主任が変わりました。多店舗から移動してきた○○以上も離れた歳下の女性。もうね、明快。あぁ、そうきたか。キャリア形成か。
何が明快かって…パンツのポケットに手を突っ込んで笑顔正義に「おはようございまーす」という新たな主任。直感、NG!! 
いわゆる私は、『ママさん美容師』こんな響きが定着してるけど、中身は課題で溢れている。『ママさん美容師』はキャリアはあってもパートタイムの選択しかない。若者が店長・主任になっていくのが田舎の美容室(私が住むエリアでは)『ママさん美容師』に未来を感じなくなった私は、『5年先まで美容師として働く自分がイメージできないのなら計画して辞めよう!』
と思うのでした。ならばブログしとこ。書いとこ。喚いとこな具合です。
 
【美容師を辞めたきっかけは?】
辞め時。このタイミング逃してはならぬと。はじめのNGな直感と時がリンクしたみたいになって退職。直感はたいてい自分にとって真実をあらわにしていると思う。
 
あの時、私に起きた全て(過去のブログでも書いたかな)。この美容室で働くのも5年目という頃、いつものようにお客様が来て施術。クレームが勃発。誰にでもあることなのだけど、私が今回起こしたのは自分の中で致命傷だと。原因を辿ると、生まれつき難聴と付き合ってきている私。店内が混雑し過ぎると、どこから声が聴こえているのか分からなくなることがある。人間と宙に浮く声が行ったり来たり。アレ??ってなる。ここに居るのに居ないみたいな自分。そんな時はお客様を待たせてでもトイレに行き、水を飲む。ダッシュで3分以内リターンするのだけど、その時は時間が押しすぎてて、お客様の雰囲気も気になり、トイレも水分補給も全てを我慢して入客。ほら見た事か。切り過ぎクリームやっちまったT_T謝罪は勿論、クレームだけなら反省と改善で、今もなお美容師をしていたかもしれない。
でもね、主任が『お客様のために』の精神でお客様に謝罪の電話を入れたことから方向性がおかしくなったのです。お客様から聞き出した内容をポケットに手を突っ込んだままかどうかは忘れたが、『私のために』お伝えしてくれた内容がコチラ。
あのスタッフ新人?・雑だった・挙動不審だったetcetc‼︎言ってましたケド。と、何かドヤ顔で言われた。それを聞いた私は震えて固まって何故か涙。主任の前で涙して、あぁ、もうこの先ないなと思った。涙は自分の弱さの象徴。そして、『お客様のために』・『私のために』と信じて疑わない主任にげんなりした滴しかり。3日後に『それは間違い』と主任に気付かせるためのか『退職』をお伝えした私です。5年間の内で始めて心が追い付かなくて3日間も休んだ。決意の3日間だったー。お客様への申し訳ない気持ちは変わりなく。
嘘つくより本音を伝えて退職することが、このお店の未来にもつながると思ったし、何より自分を守りたかったのかも。多分、この子(主任)も不器用なりに一生懸命だったんだと思う。それ以上に、私は美容室で働くことが限界に近づいていた。美容室のふわっとしたノリが(笑) 私の住む美容室エリアではそんな空気。彼女も、いきなり主任にされて目の前の私に混乱したことでしょう。ゴメン。仕事以外だと上手くいくかもね。
 
 
【転職なんでコケたの?】
退職してもあっさり転職できるかと思ったら甘かった(''Д'')この思いがコケた原因でしょうね。
退職してから75日経過。
 
【退職後~7日目】地域新聞の営業かアデランスに入ろうとするが条件厳しく、「やっぱり止めた」
【退職後~21日目】在宅ワークに向けて取り組む。ク
ラウドソーシングにてタスク案件しまくる。主にライティング。
仕事と家事の境目がなく、時間や納日に終われるから思っていたよりしんどい! 時給にして見たら250円?とかザラ(笑) プロジェクト案件もトライ。最高8000字のテストライティングをやり遂げたときは爽快感で溢れていた☆だけど、しんどくて「やっぱり止めた」
原因はこちらのブログからどうぞ。
 anzuchans.hatenablog.com
 でも没頭はできるライティング業。構成が分かればもっとスムーズにいくのかな。
2件程のプロジェクト案件では継続を希望していたのだけど、
クライアントの脅しに「やっぱり止めた」はこちらのブログにも書きました。
 anzuchans.hatenablog.com

 もう1件のクライアントさんとは縁があり、今でもお仕事を頼まれ有難い存在でございます。
クライアントとも相性ってあるもんだと勉強になった。
 
【退職後~50日目】派遣会社に登録。その翌日に仕事。(その間も毎日求人サイトを見続ける)以下、私が登録した派遣会社の仕事内容で書いていきます。


一週間に3回ほど派遣の仕事へ行くようになる。
メリット:黙々作業最高!!接客しないって最高!職場の人間関係を構築しなくていいいって最高!!
デメリット:次男の幼稚園プラスお預かりが、AM7時~PM7時になってしまい、それに伴い、お預かり代(たまにPM7時過ぎて超過料金)+交通費として、1200円+820円=2020円程かかる。結果、派遣会社の日給いくらに?? 職場は倉庫内のため携帯電話持ち込み禁止。午後の休憩時間、『着信7件』怯えながら長男の小学校へ折り返し。「息子、熱っぽい」という先生に、「6時間目まで保健室で寝かせてもらい自力で帰してもらえますか?」と。(早退は親が一緒じゃないとダメ) どんなに頑張って帰ってもその方が早いという。
デメリットが大きすぎで、「やっぱり止めた」
 
【退職後~75日目、現在】歩いて8分のパン屋でパート開始。

週4日、AM9:00~PM13:00 
勤務時間を延ばしてもらえないか交渉中。パートだらけなスーパーの中のパン屋さん。自分にとってここに未来はなさそうだ。つなぎとしてのパートと割り切る。


 
とは言っても楽しいし、意外とパン屋さんがネタに溢れているので、ブログ更新続きそうです。 楽な中で働くと、体も脳も楽に慣れきってしまうのが心配。今週末からサンドイッチ作り担当になりますよ。

 

 


最後まで読んで下さり、ありがとうございました(=^・^=)