わめく文字の空念仏

美容師です。過去を棚卸し、空をアウトプットして私を絞り切るブログ。何か見えてくるかな?

コミュニケーションに依存しなくなった訳はあの頃から

f:id:anzuchans:20171027102058j:plain

『レギュラー〇リットル入りました!』

地元のガソスタにて。

 

燃料切れで仕方なく入った地元のガソスタ。

いつもはガソリン補給していくのに今日は空っケツ。

3ヶ月ぶりに帰って初めて立ち寄るガソスタに…

あっ、ここって確か…確か居た気がする…

あれ?懐かし過ぎる音楽が聞こえてくるではないか!?

えっ(笑)なんだろこの感覚。ふわふわ浮く感じの鳥肌。

過去がフィードバックされてくの?

 

『サインお願いします』

 

あ、はい。

 

この声…コバヤシだよね?

店員の顔をきちんと見れない私。

エンジンをかけ、車をゆっくり前進させながら、バックミラーを確認した。

正確には、バックミラーに映る店員をだ。。

 

 

やっぱり。コバヤシじゃん…

 

と心で呟いた。

 

聞こえたのか。いや聞こえる訳はない。

コバヤシが男性と親密に寄り添った場面が蜃気楼に変わるみたいに何かが私の中でゆらゆら揺れていた。

本日晴天なり。

 

 

 

コミュニケーションにもっとも依存していたなと思う時期が高校時代だった。

何十年前の話しでしょうね( ˘ω˘ ) 

登下校グループ、クラスのグループ、学年グループと、とにかく仲間意識が強くて、個性のカタマリみたいな面白い子が集まっていた。

 

当時、仲間内では、ユニコーンや、かまいたちジュンスカブルーハーツの追っかけなんて流行ってて。私は、ジュンスカの寺田呼人が好きでした。ジュンスカの後輩であったミスチルが始めてのライブをした時(ジュンスカのライブの後かな?)、『子供から大人まで愛される音楽をやりたいのでミスターチルドレンって名前にしました!』みたいなこと言って、横目で『ふ~ん』と見ていた私。どうかお許しください…

 

ちょっとしてから私は、オザケンとかピチカートファイブ。スチャダラとかコーネリアスフリッパーズ・ギターオリジナルラブ。いわゆる渋谷系が好きになっていったんだけど、なーんとなく皆に言えなかったんだ。

『友達やめる』とか言われそうで(笑)渋谷系って面倒くさそう。オシャレ気取りな自分?みたいな恥ずかしさ。でも、こっそりバックにCDとか入れて、学校の休み時間とかに、CDジャケットみてはニヤけてたと思う。

 

あ。このままだと話し、脱線するー。話し戻します。

 

私含む、登下校グループ5,6人。何となく仲間外れにしていた子がいた。喋るんだけど、皆の気分でなんとなく避けるみたいな。そんなのが続いた。仲間外れに何となくしていたその子が、高校をやめると知ったときは「いや私らのせいじゃないよね…?喋ってあげてたし」と皆が皆をかばった。喋ってあげてた…って…

 

本人も、「先輩と結婚するから」そう言ってた。

私たちはどこかで安心していた。

「結婚して、先輩のガソスタで一緒に働くんだ」と。

なんか、人生終わってね?と思うのは10代の私。

それは他人が決めることではないと知ったのは大分後の話しです。

 

高校をやめたコバヤシという女の子。

細くって弱弱しかった記憶。

仲間として認めないみたいな雰囲気作りをしていた私の記憶。

他にコバヤシに会うグループがあるよと遠回しに避けていたという記憶。

私たちが仲良くしてあげたら高校を辞めなかったかもしれない記憶。

「いや、そんなの関係ないし」とコバヤシは言っていたんじゃないかという推測。

記憶や推測のせいにしていくらでも逃げれるのってなんかね。

今のコバヤシに、何十年前の記憶なんて片隅にもないのかもしれない。

そういって、私たちは互いに忘れた振りをしてきた。

私たちは、どんなこともきっと覚えているはずなのに。

あの時のお互いの気持ち。

でもわざわざ掘り起こす必要なんてないもんね。

今がよければ。

今がよければ?

向こう岸に悲しみを置いて渡った人は喜びを手に入れたのかもしれない。

二度とそちらには渡らないと。

行ったり来たりしてるのは私なのだ。

 

小柄で長い髪の女性は言った。

『ありがとうございました』

見た目よりおっきな声の。

お辞儀をしてから上がる顔。

やっぱりコバヤシだった。

なんか凛としてる。

 

あの頃、〇〇〇〇。

 

向こう岸に置いてきたコバヤシと私のあの頃。

一緒に戻った気がしたのはこの音楽が流れていたから。

 

♪心のベスト10 第一位は こんな曲だった ダンスフロア―に華やかな光…

 

オザケンとスチャダラの『今夜はブギーバック

まさかのガソスタだよコバヤシ。

 

趣味、一緒だったのかもね。

 

コバヤシが高校を辞めてから、私はコミュニケーションに依存しなくなりました。

お喋りは必要な時だけ。

 

『レギュラー満タンでお願いします』

『ありがとうございます』

 

これだけで十分な大人になりました。

また行くねコバヤシのガソスタ。

ドキドキするけど。

次は何の音楽流れてるのかってさ。

 

武器を捨てる時まで後7回

f:id:anzuchans:20171023231557j:image

『タツマキくるかな〜』とわくわくしていた次男がいってらっしゃいの投げキッス。そのわけは留守番。休校になった嬉しさを本の間に顔を挟ませ歓喜を表現する長男はハリポタ見れるから。おいしい牛乳パスして玄関に背を向ける。

 いってきます。

残すところ、後数回。美容師としての仕事。『自分を出し難い。遣り甲斐があるだけに私も惜しいです』と、信頼あるスタッフにお伝えした。職人気質だねとはあったが、美容師ってふしぎ。生身の人間相手にするから職人気質が仇になることも。人の気持ちまでも切る仕事でしたよ。良くも悪くも。今日はお客様に拍手して頂いた(๑˃̵ᴗ˂̵)ロングをツーブロックアシメソフモヒにイメチェンして。かなりかっこいいし似合ってた。ハサミを置くとなれば、私にもはや武器などないのだ。武器(ハサミ)を持たない世界に飛び込みいったい何を見るつもりなのか。

 

一旦、その武器を捨てるとき。捨てないと掴めないものがある。

 

にしても。

憂色はもうすぐ変わるはず。さぁ、手の平を..どこにかざそうか。太陽はまだ眩しすぎて私には無理。 ホットミルクにインスタントコーヒー入れて蜂蜜少しに出来上がったカフェオレ。心休まれば、武器を持たずに素手で戦おうではないか!

空虚な心を満たす雨の音はランチ前に

f:id:anzuchans:20171019105023j:image

紅いあんずです。本日も即興15分。だらだら書かないさっさと書くんだよ!常日頃から子ども達に言ってること私もしかり。

 

『ぱらぱら』『しとしと』『じとじと』「ぎろり」『ぽつぽつ』『ざんざん』『しっぽり』『ぽつんぽつん』『ぽとぽと』雨を睨みつけた音はどれでしょうってクイズ。ぽつりと私は交差点の真ん中に取り残されるとまるで世界の中心でなにかをわめかなきゃ終われないんだよ!って走る車にひかれた雨粒たちに助けを求められて我にかえったとこ。

木の葉が雨を弾いては次の雨を待つ。止まない雨の音は空虚な心を満たすこともある。

 

【変換】

についてわめきたいことがある。

会議報告書を見ると、「おまえらいったい何を会議してたの?」と突っ込みをいれたくなる面白さ満載。あぁ、これを店に持ち帰る主任なのだから、私が彼女に違和感を感じるわけだわと。全ての美容室がそうであるわけではない。自己啓発的な、どっかから借りてきたような言葉を並べてみては、自分らの発信にしてるけど、そんな本どっかで読んだ読んだと言わんばかりの内容。考えが変わる→未来が変わる→運命が変わるみたいなやつ。個人でならまだしも会議の報告書でそんなん見るとわたし鳥肌。極め付けはいつもコレ。

【ポジティブ変換】【笑顔】にまた【ポジティブ】とまたきて【ポジティブ変換!】

ふぅ。だったらネガポ辞典各店舗に支給をしましょうよ☆個体の中でポジティヴが一人歩きして生身の人間が苦しんでるようにさえ見えてしまう不思議。ネガティヴと真っ向から立ち向かう気は見られないし、ネガティヴ発言に対して、笑顔で「大丈夫!ポジティブ変換!」とか言われてもな。【変換】早すぎだろ。そちらが【ネガティヴ変換】相手の本当に伝えたいことがいつまでたっても見えてこないよ。こんな要素に未来を見出せないのも退社理由のひとつ。ポジティブではあるべきだけどネガティヴは悪でない。アナタだからアナタにはポジティブを見せたくないってのもあるかも。ポジティブに触れたくない時だってあるんです。

 

日陰者がわめく即興

f:id:anzuchans:20171017060643j:image

 

 

即興小説トレーニング https://t.co/PvWotxX3Aw

 

ならぬ、即興ブログトレーニングはじめてます。実際に猫の目になり遠い目となり眺めておいて下さいませ。はてなブログ、読者登録の仕方が今更わかったw 使い方よく分からないな~ってのは覚える気ないのか、交流する気がないのか。ブログの目的、趣旨はそれぞれということで。自己責任の下でタイマー計ってやってます。色々疑われたとしても日陰者がわめく文字。なんの価値もございません。閃きから戸惑いもなく文章が溢れてくる日を対岸に。はてなに集まる方々とは肌が合うな感はすごくあってここにいます。あぁ、時は流れているようで既に後、12分☜タイマー 言葉や文字を選んでる時間がないのだ。些細なことに時間をかけ過ぎてきた私は、人より落としものが多かったのかな〜その分、余計なガラクタを探し見つけ、拾いあげたものも多かった気がする。ですから断捨離だいじ。歳の数だけだいじ。モノヒトコト。気持ちも髪の毛さえも余分なら捨ててきたい。じゃないと新しい足音は聞こえないですよ。『コツコツ』『タンタン』『トタトタ』『トントン』『ガサガサ』ネズミの足音はどれでしょう?っていうクイズ。裸足で無音状態、4つの階段を駆け上がってドアを開けてのぞきこめばその眠たそうな空気が好きだった。そんなんだとまたダラダラしちゃうんだけどね。半径3メートル以内はだいじにしたいですよ。歩きスマホにイヤホンで白線はみ出す少女に届かぬクラクション。チョコレートラスターのアイライナーがにらみきかせちゃた。それは私です。半径3メートル以内と命はおだいじにしてください。よーし書き終わったかな!

 

追記 10/17.16: 58

宣言ブログ☜実際にあったんだ!?と知る 即興小説だけじゃなかったんだ…

離職票とわめく文字

 

f:id:anzuchans:20171016114653j:plain

こんにちは。もう少しで転職予定の紅いあんずです。

転職したらブログもあまり更新できる自信ないですよ…

だから今、残さなきゃ感満載。過去の棚卸し作業どころか長男ネタ続きですね。

 

やりよったー。まさかのドヨメキ☆彡

『長男、剣道やめないんだってよ』

桐島、部活やめるってよ

あいつ、脅せばやるんだってよ - わめく文字の空念仏

 

黄色い帽子の黒いランドセルの背後に『昨日の過去はさっさと忘れて次いってくれ』と投げ掛けた母親はわたし。そのわたしも然り。転職です。転職の万が一も考えてクラウドソーシングで一社契約してしまった…3日で1記事納品しないといけない。この後も書かなきゃ。家事そっちのけ―。今は文字。実際、ブログを始めてから、退職も決まり、会社に対して、一応w感謝と、「今後、一緒にやってける自信ない。なぜなら~」と伝えることができた。

文字に起こすことによって口からわめく言葉にも責任感が出てきた気がする。気がする…ですよ?

本音や本質は?誤解や矛盾があるくらいが丁度いい、もう関係のない人となるんだから。

 

 

ノーエクスキューズ 自分を正当化し続けていると疲れるし進歩ない。なのに…

残されるスタッフと、私の社会復帰からの、美容師としてスキルアップできたことには間違いないとか何とか思っちゃってこんな…

 

anzuchans.hatenablog.com

 

伝えることはしようかなと。良かったのか悪かったのかそれは知らん。

それでも「どうせ変わらないんでしょ?」とどこかで思っていた。でも違った。私が言ったことを少しずつカタチにし始めたのだ。『カルテ記入の仕方』『ロープレ』など。人が一人辞めるとならなきゃ変わらなかった人たち。私が辞めるとなってやっと変わる気になった人。その後はどうなるか分からないけどー。

今現在そんな感じですよ。 

8年ブランク空いた女性が、私が辞める代わりに入社かよ?

美容師復帰するんだけど。ただ切るということはそれまでの経験があるから難なくクリア。

でも、やっぱり8年のブランクは大きい。

 

  1. オーダーされてもそのヘアスタイルが分からない
  2. 接客応対が不安定
  3. とにかく時間がかかる

 

 

 8年ブランク空いてていきなり入客とかなくない?

こちらもやっぱり『ロープレ』したほうがいいかもね。『いいかもね』ってのはあえて。もうやめるし半分は外の人だから。

 

もしアナタが…行った先の美容室で、

「こ、この美容師さん、だ、大丈夫かな?」

と不安要素たっぷりでしたら、その美容師さんはブランクがあるのかもしれません。

でも鏡越しの頭上を見れば…ハサミという凶器を振りかざしている 

変に動揺させたくないのなら?脅しているわけではありませんが…

そんな時は、「すみません、ちょっと急用思い出してしまって…帰っていいですか?」と言ってみて下さい。

この際は、髪濡れたまんまで帰ろう。

 

なぜなら…

 

 

『バカ』を作り出す原因。それは、結論でもありますが、トップの人達がどうしようもないから『美容師はバカが多い』この事実は変わらない思う。

美容師ってバカが多いって本当? - わめく文字の空念仏

 上の人呼んで。って言ってもこういう場合が…無きにしも非ずでございますよ。

うちのお客様…賢いお客様は部長へとダイレクトに連絡します

snsで何でもできちゃう世の中こわこわい)そりゃダイレクトな回答が期待できますから話は早い。

 

 

私も、神経の歪な使いすぎからか、ハゲそうになったこともあるけどハゲる代わりに白髪増えたからまだいいかなw でもわたし…カットするの大好きなんだよな。あと、8日で退職かー。そう思うと感慨深いわ。でも注意!(脅しではありませんw)

 

「わたし、カットするの大好きなんですよー」

 

っていう会話を美容師にされたら、ほぼほぼ切られ過ぎます!セミロングはボブになり、短めソフモヒはボーズよりなり、眉下前髪希望が自宅に帰れば眉上になってること多しなので、『切り過ぎないでね』とハッキリ伝えて下さいませ!!

 

 

私はカット大好きだけど、アピールしないことで切り過ぎを抑えてます(多分…)

(この前のクレームは一旦置いといて~)

 

 

で。

 

 

仕事辞めるのに、何が1番怖くて辞めにくいかって… みんなからの寄せ書きw

4年半の通知表みたいで耐えれない!

笑顔の呪いから解き放たれる時 - わめく文字の空念仏

 

 

 問題はこれなw 

引退せれもにー(送別会)も「就活で忙しかったごめんなさい」と濁してある。

 

あ、あと問題もひとつあった!

歴代の退職者、お礼の品が豪華である こと。私も…渡さない訳にはいかない…よね?

はぁ~、なんか辞めるにもハードル高いなw

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(=^・^=)

長男、脅せばやるんだってよ

f:id:anzuchans:20171015175720j:plain

3本。いや3位?! やりよった。まさかのあいつやりよった。

 

子供の教育。それに決まり事はない。家庭それぞれでよいと思ってる。

うちは『見える信念』『見えない信念』みたいなものがあります。

そう言うには、長男が犠牲(言い方は悪いが)になってきたからだと思う。

「でも、それって共に歩んできたことなんだよ。一緒に頑張ったことなんだよ」と話してます。

 

小4の長男。うんうん 得意の聞いてるフリ

お笑い芸人から学ぶ小学生 - わめく文字の空念仏

相変わらず響いてない。響かない長男。

君の鈍感力は本当に素晴らしい!今こそ言おう。君の鈍感力が全てを変えたんだ!

そう言って良いだろう。その鈍感力を貶しては貶して。たまに褒めりゃ調子に乗って全部がパーになりまた貶して。「褒めるとダメ。脅せばやる」そんな子でした。親が悪いというのは簡単ですからまぁここは聞いといて下さい。これね、ほんと辛いの。褒めたら調子に乗る(異常な程に中身から乱れる)脅せば結果を出す。

 

 

 

↑今日コレ

 

やりよったー。まさかのドヨメキ☆彡

『長男、剣道やめないんだってよ』 桐島、部活やめるってよ風に

ふぅ…やりよったか。まさかのあいつやりよった。脅したからw やればできる子とはよういワン

 

 

 

 

そして。。

 

『そんなんじゃ受からない!今までは上手くいってたかもしれないけど〇級はそんなもんじゃない。毎日やってれば試験日前に合格点数に達してあわよくば受かるとかいう考え。今回は無理だよ。自分から勝ちにいかないと奇跡は起こらないよ?完璧とまでは言わないけど仕上げてかなきゃ』

お笑い芸人から学ぶ小学生 - わめく文字の空念仏

 この試験。これは脅してるには入らない説教止まりなやつ↑

今月はあともう一本!『静』の試験あり。どうなるやら。今回脅さない予定です。脅されて気合い入るようじゃ…

この先を考えたら、無理なものは無理なんだと落ちるがいい。知るがいい。自分から自分自身から湧き出るやる気を見付けてもらうために!失敗をしてくれ。

 

『見える信念』『見えない信念』についてはまた書きますが、言いたいことは、

鈍感力ずば抜けてる子に脅しは効果絶大

これは母親10年やってもっとも気付いた事であります。 (わたし調べ!)悪しからず

 

 

「この子ね、知ってる。この子強いから負けちゃうかもね」

試合前の不安げな仲間に対して、対戦相手が強いから負けてしまうねと教えてる長男。

見よこの鈍感力を。空気を読めない脅威なる鈍感力は親の脅しからきているとしたら…ま、まずいな。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(=^・^=)

朝から即興ブログ

f:id:anzuchans:20171015060125j:image

おはようございます。紅いあんずです。朝から【即興ブログ15分】その趣旨は、文字に強くなりたいからかな?隙間時間を活用して自分力上げてきたいのかな?迷子だ迷子わたし迷子かな?文字に悩んでるうちに刻々とカウントダウンなタイマーかな。スマホ即興ブログは自分が撮った写真を使用。この世の終わりまで15分となれば、その15分で何をしようか?私なら?お湯を沸かして珈琲を淹れて、ちびちび飲みながら文字を言葉を残したい。そんな時は私の原点(??)詩か小説を残そうか。即興で見事なやつ。その時にこのような稚拙な文章だったら悲しいかな。

 

仕事でも家事でも人付き合い何でも、『スピードと正確さ』『スピードと質』そのバランスってすごく大事だと思っています。これは永遠のテーマだし、毎日どうしたものかと悩んでいる。上手く生きている人ってこのバランスが絶妙だなって思います。私の仕事のミスの殆どがこのバランスの乱れ、崩れることからくる。「そんなにスピーディーなカットで大丈夫?」と、【雑で速い人】に思われたり実質そうである場合もなきにしもあらず。なきにしもあらずが招いた悲劇が退社である(周りから見たら)『スピードと正確さ』のバランスキープできるときはすっごく仕事も自分自身のことも調子いい気がする。時間が全体的に押してるときは、『スピーディー』が『雑』になっているものだ。職場のスタッフKちゃんは【丁寧で遅い人】40分で終わる技術を60分かける。「おっそいなぁ」「時間押してる」とはスタッフ側で、「丁寧にやってくれてありがとう」と思うお客様。でもこれもまたお客様次第で「もっと早くしてほしい」と感じることもあるのだろう。感覚もまた人それぞれだし。ほっといてとは言ったがゴメンナサイ。何かいい本とかあったら誰か教えて下さい!

 

行動の大体は、行動する前の頭の中で決まると思う。何十年とかけて生きてきて、やっとのこさそのこの大切さに気付きました。解かりました。「今日、何のご飯にしよう?」スーパーへ行く前に頭ん中で買う物リストとキッチンでの下ごしらえからの手順までイメージしてると大分時間短縮できる。家事なんてさっさと済ませたいし。仕事もそうだ。クレームの8割は、スタッフのイメトレが足りてなかったりするところなのかなと。自分自身の仕事、この即興ブログだって、、